痩せたい? 格好良くなりたい? 若返りたい? ならば筋トレ!

痩せたい・筋肉を付けたい。その為に筋トレをしたいけど、どういうトレーニングをすれば良いのか分からない………そういう人、多いと思います。
こちらでは効率的な筋トレとはどういうものか、筋トレの仕組みを分かりやすくお伝えします。ご紹介するトレーニングの中には女性憧れのアンチエイジング効果があるものも。

ダンベル

筋力トレーニングの目的

筋力トレーニングには主に運動能力を鍛える目的のものと、エクササイズやボディービルなどの体型づくりの為の二種類があります。どちらも筋力をつける為にトレーニング事に変わりはありませんが、それぞれの目的によって方向性の違いが出てくる事もあります。先ずは自分が何の為に筋トレをするのかを明確にしておきましょう。

筋力が向上する事による恩恵

筋力が向上する事によって運動能力が向上する他、普段の何気ない生活で消費されるカロリーが増えて太りにくくなるという効果もあります。
また張りのある筋肉を維持することによって肉体を若々しく保つ効果も期待できます。

筋力トレーニングの仕組み

筋肉は強い負荷をかけると筋繊維の一部が損傷し、疲弊した状態になります。それを回復させようとする過程で、以前にかけられた負荷に耐えられるように強く成長します。これが超回復と呼ばれるものです。
超回復している間は以前よりも筋力は向上しているのですが、暫くすると元の筋力まで戻ってしまいます。戻ってしまう前にまた筋力トレーニングで筋繊維を破壊することで、超回復で向上した筋力を元に再び超回復が起こります。これの繰り返しにより超回復の筋力の基準がどんどんと上がっていく事が、筋力がついていくという事です。

超回復は筋破壊から48〜72時間の間に起こると考えられており、逆にこの期間よりも早い期間に筋力トレーニングをしても効果が薄いばかりか、怪我の原因にもなり得ます。
効率よく筋トレをするにはトレーニングとトレーニングの間に休息日を挟むのが効果的という事ですね。

筋力トレーニングと筋肉痛

実際のところ筋肉痛の仕組みについては幾つかの仮説はあるものの、はっきりとしていません。 また、骨を強化したり、貧血を防いだり、体の調子を整える働きがあり、とても重要な栄養素です。
一番有力な説は超回復の段階で炎症を起こし、それが痛みを引き起こしているものだというものです。確かに回復力の低い老齢の方は若いころより筋肉痛が遅れてやってくるという事に納得のいく説明ですが、炎症の起こるメカニズムについては未だに解明されていないのです。

筋トレ 筋トレMAN

筋トレの具体的な効果や効率的な筋トレの方法など、筋トレに関する様々な知識の散りばめられているサイトです。
道具無しで出来るトレーニングから最近話題に上っているあの筋トレなど、知っておいて損の無い効率的な筋トレ知識が身につきます。

その他筋トレ記事の紹介

何はなくともストレッチ 筋トレMAN
http://kintoreman.com/html/05stretch.html

ストレッチは柔軟性を高めるものですが、筋トレに限らず運動全般に深く関わってくるものです。どんなに激しい筋トレを頑張っても、怪我をしてしまっては無意味。
そんな事のないように、先ずは正しいストレッチ方法を学びましょう。

六つに割れた理想の腹筋を手に入れるには 筋トレMAN
http://kintoreman.com/html/06stomachmuscles.html

やはり筋トレと言ってまず浮かぶのは腹筋。シックスパックの腹筋は男女関係無く惹きつける魅力の筋肉です。そこまで筋肉をつけたくないという女性の方も、スラリとした腰のくびれを手に入れるには腹筋は必要不可欠。是非ご一読下さい。

アンチエイジング効果の高い、効率的な筋トレ「加圧トレーニング」
http://kintoreman.com/html/03pressurizingtraining.html

成長ホルモンの分泌を促し、肌を若返った状態にするのに加え、筋力を付ける上でも効率的という夢のようなトレーニング方法である加圧トレーニング。
専門的な知識の要るトレーニングではありますが、なんとNASAが注目する程の効果が。

上へ戻る