【野球肩/野球肘】

野球はスポーツの中でも選手人口の多いものと言えます。
日本における野球への熱意は世界でも五指に入るもので、多くの若者が野球に青春を燃やしていると言えます。
しかし、それだけに野球でスポーツ障害を起こす選手は少なくありません。
ここでは野球特湯運スポーツ障害である野球肩と野球肘について解説していきます。

野球肩と野球肘について

明治4年ごろに日本に上陸したベースボールは、野球として約140年の間日本人に親しまれてきました。しかし、一方でスポーツ障害に悩まされ趣味の範囲でも野球を楽しめなくなってしまった選手も少なくありません。野球特有のスポーツ障害である野球肩と野球肘はどのようなものなのでしょうか?

野球肩の概要と症状

野球肩は、上腕骨の肩周辺で発生する炎症などの投球フォームに伴って発生するスポーツ障害の総称です。小学生に多く見られることから「リトルリーグ肩」と言う異名を持っています。野球肩は、「オーバーヘッドスローイング」と呼ばれる投球時の動作が原因となって起こるため、ハンドボールや水泳などの野球以外のスポーツでも発生することがあります。症状としては肩の痛みや血行障害などがあります。

野球肘の概要と症状

野球肘は、投球による使いすぎを原因として起こる肘関節部の炎症で正式には「上腕骨内側上顆炎」と言います。野球以外のスポーツではテニスなどで起こり、「テニス肘」と呼ばれることがあります。症状としてはしびれや痛み、関節のロッキングなどがあり投球などの動作に支障をきたすことがあります。投球フォームに乱れがあると、肘への負担が大きくなって野球肘を起こしやすくすることがあります。

野球肩・野球肘の原因

野球肩と野球肘は、投球時のオーバーヘッドスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。野球はスポ根ドラマの題材にされやすいように、血のにじむような練習を積み重ねることを美徳としているスポーツという特徴があります。野球の指導者にしても投げ込んでコントロールを身に付けるなど、運動量の多い練習を好む人物が多いのも野球の特徴ともいえます。野球に関するスポーツ障害は、指導者の無理解による所も大きいことも問題なのです。

野球肩・野球肘の予防

野球肩や野球肘は、成長期の小中学生を中心として起こりやすいスポーツ障害であるといえます。予防策としては上腕や肩の筋肉強化と運動後のアイシングと温熱療法の併用が効果的です。また、選手に無理をさせない練習メニューを組むことも野球の指導者に求められる予防策といえます。

野球肩・野球肘の治療

野球肩や野球肘の治療は、投球練習の休止から始まります。発症原因であり、悪化させる原因でもある投球は完治してからでも遅くはないからです。野球肘の場合は、投球フォームの改善を行うことで症状が改善することがあります。野球肩の治療は、抗炎症剤などで炎症と痛みを抑えながら肩関節の可動域を改善していきます。場合によってはデブリードマン手術で骨や組織の切除を行うことがあります。

上へ戻る