【変形性膝関節症】

膝は足と共にスポーツ全般に関わってくる身体の部位です。
しかし、何らかの疾患を原因として関節が変形してしまう変形性関節症を発症してしまうことがあるのです。
スポーツ障害としての変形性膝関節症はどのような原因によって発生するのでしょうか?
変形性膝関節症について解説していきます。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は、膝の軟骨が磨り減ることによって発生する疾患です。多くの場合、加齢を原因として発生しますがスポーツ障害としても発生することがあります。変形性膝関節症とはどのような疾患なのかを紹介していきます。

変形性膝関節症の原因

膝関節には、膝の屈曲をスムーズに行う為の半月板と骨や軟骨を覆い潤滑剤としての役割を果たす関節液が存在しています。老化や肥満などによって、関節液や軟骨の主成分であるヒアルロン酸が減少して、軟骨の磨耗や膝の曲げ伸ばしに支障をきたすようになります。また、半月板損傷などの膝の疾患によって膝関節の構造が変化してしまうケースもあります。変形性膝関節症は、老化や肥満などを原因とする一次性変形性膝関節症と疾患を原因とする二次性変形性膝関節症に分けられています。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症を発症すると、膝関節に様々な症状が現れるようになります。代表的な症状としては膝の曲げ伸ばしに伴う関節痛が挙げられます。この関節痛は関節の変形によって、骨同士が擦り合わされている状態になっている為に起こるものです。症状が進行すると、関節炎が起こり関節からの音が大きくなるなどの症状が現れます。症状が重くなると強い膝の痛みが続くようになり、立つことも座ることも困難になってしまうのです。

変形性膝関節症の概要

本来、変形性膝関節症は老化による体内のヒアルロン酸の減少や筋力の低下が原因となって発生する疾患です。テレビで宣伝しているヒアルロン酸のサプリメントは、老化などの一次性変形性膝関節症の予防を目的としたものなのです。しかし、スポーツ障害としての変形性膝関節症の原因は、一次性と二次性に跨ったものといえます。一次性に属する膝を酷使するスポーツを原因とする場合と、二次性に属する膝のスポーツ障害から発展した場合があるため、予防しようとしてもしきれるものでなくなっているのが現状なのです。

変形性膝関節症の予防

変形性膝関節症の予防には、筋力の維持と膝軟骨の再生を目的とした足のトレーニングが有効です。過度の運動は一次性変形性膝関節症の原因になりますが、適度な運動量ならば予防効果があると言うのが一般的な見解となっています。また、運動後のアイシングを行う場合は、血行の悪化を招くので膝を冷やしすぎないようにしましょう。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療では、抗炎症剤などを併用する保存療法と重度の症状に適用される手術療法が用いられます。保存療法では、温熱療法と冷却療法を並行して行ない痛みを抑えながら血行を促進して回復を促します。手術療法では骨の切除を伴うデブリードマン法や人工関節置換手術などが行なわれます。

上へ戻る