【腰椎分離症】

背骨は身体を支える上で欠かすことの出来ない部位であると同時に、着地時の衝撃を緩和する働きを持っています。
しかし、腰椎分離症を起こすと背骨の持つ機能は大幅に低下してしまいます。
腰椎分離症とはどのようなスポーツ障害なのでしょうか。腰椎分離症について解説していきます。

スポーツ障害としての腰椎分離症

腰椎分離症は、腰周辺の脊椎が千切れることによって発生する病気です。腰椎分離症はスポーツ障害としても発生することがあり、多くの人が悩まされているのです。腰椎分離症はどのような原因で起こり、どのような症状を見せるのでしょうか?

腰椎分離症の原因

腰椎分離症は、脊椎が切れることによって発生する腰の疾患です。スポーツ障害以外での腰椎分離症は、老化による骨の弱化が原因となって起こるものです。スポーツ障害としての腰椎分離症では、オーバーユースによる疲労骨折が原因となって発症しています。疲労骨折は、特定の骨に負荷が繰り返しかかることによって起こる骨折の一種で運動後のクールダウンが不十分であると発症しやすくなります。スポーツ障害としての腰椎分離症は、小学校低学年から高学年までの年代に集中して起こっています。場合によっては中学・高校に上がっても患っていることがあります。

腰椎分離症の症状

背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと着地した時の地面からの衝撃を分散する仕組みを持っています。しかし、腰椎分離症を発症しているとこの脊椎の機能が充分に働かなくなるため常に腰痛と背中の痛みが起こりやすくなります。また、上体反らしが難しくなるという症状も発生する為、体操やテニスなどの上体を反らす行動があるスポーツに支障をきたすことがあります。
場合によっては脊椎が切れた部位から上半身構えに滑り出す「腰椎すべり症」に発展してしまいます。腰椎分離症または腰椎すべり症を起こしていると、神経を圧迫して下半身の痺れや運動障害に繋がる恐れがあります。

腰椎分離症の悩み

腰椎分離症は、神経の圧迫による運動能力の低下や腰痛などの症状から起こる行動への支障が大きな悩みと言えます。特に腰痛は、単体でも運動を困難にする要因となりうるのでスポーツ選手にとって悩みどころになりやすいと言えます。神経の圧迫で起こる下半身の痺れや運動能力の低下もまた、スポーツを困難にする性質が強い為、早期の治療が必要と言えます。

腰椎分離症の予防と治療

スポーツ障害としての腰椎分離症は、身体のオーバーユースによって起こるため休息日を挟んだ練習のスケジュールを実行することが最善の予防策となります。特に腰椎分離症を起こしやすい年齢である小学校低学年から高学年に掛けての時期は、成長期に当たる為充分な休息を取ることが大事です。
腰椎分離症の治療では、コルセットの装着による保存療法が主流です。コルセットをつけている期間中は運動を禁止または制限して治療に努めることが大事です。保存療法が適用できない状態の場合は、外科手術による脊柱固定術が行なわれます。

上へ戻る