【ランニングの重要性】

ランニングは、全てのスポーツに共通する基礎訓練であると言えます。
しかし、やり方を間違えるとスポーツ障害の温床ともなってしまいます。
逆に正しいやり方で節度を守って行えば、スポーツ障害の予防にも効果を発揮するのです。
ここでは、スポーツ全般におけるランニングの重要性について紹介していきます。

ランニングの重要性について

どんなスポーツでも、「身体を思い通りに動かせるようになること」と「長時間の運動に耐えられる体力をつけること」が上達の条件であるといえます。体力の向上と足腰の鍛錬に効果があるランニングは、スポーツの基礎訓練として最適な運動と言えます。しかし、ランニングもスポーツの一種と言える為、場合によってはスポーツ障害を起こしてしまうことがありうるのです。

ランニングの効果と弊害

一定の距離または時間を走るランニングは、スタミナに関わる心肺機能の強化と足腰の筋肉や骨格の発達に大きな効果を発揮します。そのため、ランニングは陸上競技だけではなく野球やサッカーなどの長時間に渡るスポーツの基礎訓練として取り入れられています。 しかし、過度のランニングはスポーツ障害の原因にもなってしまいます。「走る」という運動は、膝や足首に自重以上の負荷を連続して与えることでもあるため繰り返し行えば行うほど、疲労が蓄積してスポーツ障害の原因になってしまいます。

それでもランニングを行う理由

ランニングは基礎訓練として効果的であると同時に、スポーツ障害を起こす原因にもなりうる運動です。しかし、それでもランニングは様々なスポーツの練習に組み込まれ現在も継続されています。なぜなら、ランニングの効果は肉体面だけでなく精神面にもあるからなのです。ランニングは体力の向上を狙うために、出来るだけ長時間に渡って走るようにするものです。この長時間走る過程の辛さは相当なもので、精神的な強さを養うにはもってこいのものと言えます。この精神面での鍛錬効果こそが、ランニングをスポーツ全般の基礎訓練足らしめていると言えるのです。

ランニングで起こるスポーツ障害

ランニングも運動の一種である以上、スポーツ障害とは無縁でいられないと言えます。過度のランニングで起こるスポーツ障害としては、オスグッド病や腸脛靱帯炎などの「ランナー膝」と呼ばれる膝の疾患やアキレス腱断裂やアキレス腱炎、捻挫などがあります。これらの障害は走る時の膝の屈伸の繰りかえしと、足を下ろしたときの衝撃が原因となって起こります。

安全なランニングのために

スポーツ障害を予防しつつランニングを行う為には、幾つかの注意点を抑えることが大事です。まず、「オーバーワークしない」ことが重要な条件と言えます。体力の限界だけでなく肉体の限界を越えたトレーニングは、身体を鍛える以上に身体を壊すことに繋がります。事前のスケジュールだけでなくその日の体調も合わせてトレーニングすることが大事です。次に「靴を工夫する」ことです。ジョギング用のシューズは、足にかかる衝撃を吸収する役目も持っています。足のサイズに合わせた靴選びだけではなく、衝撃吸収性に優れた中敷きを選ぶなども重要です。

上へ戻る