スポーツ障害の知識 運動選手に起こりやすい外傷・疾患
椎間板ヘルニア

【スポーツ障害の知識】

スポーツの楽しさは、性別も国籍も年齢も関係なく平等なものであるといえます。
しかし、全てのスポーツには常にスポーツ障害の危険性が伴っています。
どのような原因によってスポーツ障害が発生し、どのような症状を見せるのでしょうか。
スポーツ障害について紹介していきます。

運動選手に起こりやすい外傷・疾患

スポーツを職業としているプロスポーツ選手は数多く存在していますが、多くの場合30代半ば頃に現役を引退してしまいます。
40代・50代の現役プロスポーツ選手が多くないのは、身体の衰えの他にスポーツ障害に原因があるといえます。
スポーツ障害とはどのようなものなのでしょうか?

スポーツ障害の概要

スポーツ障害は医学的には「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患であると言えます。
運動に伴う筋肉の伸縮とねじれ、骨での衝撃吸収などでスポーツは肉体に与える負荷が大きいといえます。
それに加えて試合までの間、練習を積み重ねていく為身体に掛かる負担は相当に大きなものになって行きます。
このようなスポーツへの取り組みの熱心さが、逆にスポーツ障害を起こす原因となっているのです。

スポーツ障害を回避するには

スポーツ障害は、プロ・アマ問わずスポーツ選手の頭を痛める重要な問題になっていると言えます。
しかし、適切な対処をすればスポーツ障害を回避することは充分に可能なのです。
ただ、スポーツの世界では精神論に基づく指導が評価されていることもあって「スポーツ障害を乗り越えて一人前」という風潮があることは否定できないのが原状といえます。
スポーツ障害は、選手と指導者が一丸になって回避や治療に取り組む必要があるのです。

上へ戻る